排水管の水漏れを修理するには

家の中には沢山の水周りが存在します。新しい家であればすぐに故障することはありませんが、築年数の古い家の場合には、排水管の経年劣化が進んで腐食による亀裂や破損が生じて水漏れに発展する可能性が十分にあります。壁や床が湿っている、濡れているように感じるといった予兆がある場合には、早急に対処するようにしましょう。排水管の水漏れにも場所や現象によって対処が異なりますので、まずは原因となる場所を突き止めて対応を考えるようにしましょう。

■放置することはNG

排水管が水漏れを起こしている疑いがあっても確実ではない場合、これくらいなら、と放置してしまう人も中にはおられます。しかしながら、排水管の水漏れは部屋の中にまで影響を及ぼしますのでできるだけ早く対処することが重要になります。そのままにしておくと、部屋の中が湿気臭くなってしまったり、カビやシミを発生させてしまう恐れもあります。さらに、水漏れがひどくなるとマンションの上階に住んでいる場合には階下にも影響を及ぼす危険性が出てきてしまいます。そうなった場合には修理費用も高額になりますし、階下の人の生活に支障をきたした場合、補償問題にまで発展しかねませんので、発覚した時点でまずは業者に相談することをお勧めします。

■応急処置として漏水テープはOK

水漏れが起こった場合、費用をかけずに自分で修理してしまおうと考える人も少なくありません。今はホームセンターに行けば様々な修理道具が揃っていますし、ネットで検索すれば修理方法がいくつも出てきますので、簡単な修理であれば自分で行うことも可能です。例えば、パイプにヒビが入っている場合には、漏水テープで巻くことで水漏れが止まることもあります。応急処置として使うにはとても便利ですがヒビそのものはその後大きくなる可能性もありますし、パッキンの劣化等が原因だった場合には役には立ちません。また一箇所を止めることができても、経年劣化の場合は他の箇所からもすぐに水漏れが起こる可能性がありますので、やはりきちんと修理する為には業者への依頼が最適となります。

■まとめ
排水管から水漏れを起こしている場合には、漏水テープ等を用いて応急処置は可能ですが、根本的に直すには水道 修理業者への依頼がベストとなります。そのまま放置したり、簡単な処置で長く置いておくことは避けるようにしましょう。水漏れを起こす原因のほとんどが経年劣化による亀裂や破損です。そのことを踏まえてきちんとした対応をすることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ