排水管の水漏れトラブル予防

排水管の水漏れが起きてしまうと、専門業者に依頼して修理してもらう必要があります。少しでも排水管のことを気にかけながら日々丁寧に扱いながら過ごすことで、水漏れを発生させることを防ぐことが可能です。何について気をつければよいか、水漏れなど水のトラブルの予防方法について知っておくことで、小さな事でも日々の積み重ねでパイプの寿命を長くすることに繋がります。ポイントとしては、パイプにとって良くない物を流さないということ、異変がないか注意しながら使用するということがあげられます。

■流すものに注意する

水漏れ予防の為には、排水管に流すものに注意することが基本的な方法となります。まずは、勢いよく一度に大量の水を流してしまうと、パイプに水圧がかかってしまう為、負担が大きくなりますので避けた方が良いでしょう。また、熱湯を流すこともパイプの劣化に繋がる恐れがありますので、温度が下がってから流すよう心がけましょう。あるいは、排水管に薬剤を流す際にも、排水管に流して良いものか悪いものかの判断をしなければいけません。強い薬剤を流してしまった場合、最悪のケースでは穴が空いてしまうこともあります。台所用洗剤、浴槽用洗剤、トイレ用洗剤等も、実は排水管にとって良くない場合もあります。排水管に優しい成分でできた洗剤を選択することも予防策の1つと言えます。

■定期的なメンテナンス

排水管は人の目に触れる部分はほんの一部分しかありませんので、中がどうなっているか、予兆や違和感を感じ取ることでしか測ることができません。その為、大切に長く使用できるように、水周りの専門業者が行っているメンテナンスを受けることも効果的なトラブル予防です。素人目にはわからないことも、水周りのプロに見てもらっておけば、何か起こってしまう前に改善することも可能です。詰まりの恐れがある場合には高圧洗浄をしてもらうこともできますので、先手を打つことで大きなトラブルを未然に防ぐことができます。

■まとめ
排水管は時間の経過と共に劣化してしまいますが、排水管に流さない方が良いものを気にかけながら過ごすことで、寿命が延びる可能性があります。水漏れは一度起こってしまうと非常に厄介なトラブルですので、日々の積み重ねで可能な限り大切に使用することがポイントです。さらに、定期的に専門業者のメンテナンスをしてもらうことも予防に繋がりますので大変お勧めです。無料で行っている業者もありますのでチェックをしてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ